将来のために資産運用を始めたい方へのアドバイス

将来のために、中長期的な資産運用を始めたいと考えている方が多くいます。しかしながら、中々一歩を踏み出せない方も、多いのではないでしょうか。

投資を始めたい方はまず金融の一般常識の、おさらいをすることをお勧めします。

手っ取り早い方法は、一般向けの教科書的な本を読むことです。分かっているつもりでも分かっていないことが、案外多いものです。

「勉強」という程、頑張って読まなくても大丈夫です。わかりやすい本を一冊購入して手元に置いておけば、テストが受けられる程に覚えていなくても、気になった時にすぐに調べられます。

それでは、具体的な投資の話に移りましょう。初心者、あるいは一般の方には、投資信託を勧める意見が多くあります。

私自身も同感で、最初に投資をするのなら、投資信託をお勧めします。投資信託なら1万円程度の少ない資金から、しかも効率的に資産運用ができるからです。

また株式に比べて運用の手間も、格段に少なくて済みます。そして投資信託ならば、銀行の窓口でも購入できます。

いきなり証券会社へ行くのはちょっと気が引ける、という方でも、普段利用している銀行なら、安心して相談しに行けるのではないでしょうか。ネット証券は、情報が多く手数料も安いので、便利なことは確かです。

けれども最初は、窓口で相談して購入することをお勧めします。窓口の「販売員さん」をアテにすることには異論もありますが、少なくとも投資の常識は心得ておられますし、多くの投資家に接してきています。

「どこまで頼っていいのかな?」と探りつつも、彼らのノウハウをできるだけ多く聞き出しましょう。

一口に投資信託といっても、毎月分配金が支払われるファンドや、債権の割合が高いファンドなど、色々なタイプがあります。投資の仕方には、明確な決まりというものはありませんし、さまざまな意見があります。

しかし投資信託の利用には、基本的なポイントがあります。

投資信託の運用期間は、ファンドを購入してから、半年が一つの目安です。状況によっては、それよりも長くあるいは短くしたほうが、良い場合もあります。利益を出すには、値下がったファンドを購入して、値上がりした時点で売却する必要があります。

分配金を多く払ってくれるファンドもありますが、受け取らずに再投資することが基本です。

株式を長期保有する場合は、分配金のために投資することにも、合理性があります。

しかし投資信託の場合は、半年から1年程度で利益を確定することを前提に購入しますから、分配金は再投資して、少しでも口数を増やすほうが得策です。

投資信託には、積み立て投資の仕組みがあることを、メリットと考える方もいます。まとまった投資資金を貯める自信がない場合には、積み立て投資は便利かもしれません。

しかしながら同じ金額ならば、ダラダラと何年も投資するよりも、お目当てのファンドが値下がった時点で、一度に購入した方が効率的です。

投資で財を為すにはやはり長期投資が良い!!

【株や投資信託への投資】

FXや外貨預金など為替の変動で利益を上げる投資はまた別として、株や投資信託は値上がり益を狙う投資です。基本的には安いところで買って高いところで売れば利益が産まれます。しかしどこが安値で、どこが高値か買いと売りのタイミングはなかなか難しいものがあり、下手を打つと高く買って安く売る利益を出すどころか損をしてしまいます。

あのオマハの賢人と云われる、投資の神様のようなウォーレン・バフェット氏でさへ「明日の株価、10日後の株価は分からない」言っています。5年後・10年後なら「今より上がっているだろう」というのです。

今まで株式市場には何度か危機が訪れました。大恐慌・ブラックマンデー・ITバブル・リーマンショックなどなど。しかし世界の株式市場を代表するニューヨーク市場は幾多の危機を乗り越えて、今史上最高値水準を謳歌しています。

このところから思うに資本主義経済が根本的に崩壊でもしない限り長い目で見れば、株式市場は常に拡大していくのではないかと。単純な考えかもしれませんが、過去の歴史今のアメリカ市場の動向を見ているとそんな気がしてきます。

【答えは積み立ての長期投資】

資産を着実に増やすなら株式や・投資信託への積み立てによる長期投資が良いと思うのです。毎月コツコツと同じ金額で、高い時には少なく安い時に多く買い買い付け単価を下げます。そして高値で利益が出ている時に思い切って売る。

長期で株式・投信を保有すれば配当などを長期で貰いそれをまた投資に回わして複利で利益が得られます。長期で持てば配当を逃さず貰うだけでなく、分割などで株式を無償で貰えるチャンスも逃しません。

短い期間で売り買いしていると、今が高値なのか、安値なのか判断が分からない、失敗する時がありますが、長期で鳴らしてみることでより確かな判断を下せます。長く保有することは最高の売り場を求める旅でもあるのです。

今は金融機関への現金を預入しても利息が殆ど期待できません。リスクは長期投資でもない事はありませんが、株式や投資信託への長期投資は資産作りに有効な手立てです。

真のお金持ちになるためにはどうすればよいか

みなさんはハワイ在住の日系アメリカ人のロバート・キヨサキ氏をご存知でしょうか。私は、友人の紹介で知りました。

彼は、本当のお金持ちとは何か、つまりは、不労所得の重要性を強く主張しています。具体的には、まず起業すること、つまり人に働かせて所得を得ることです。本人の仕事は、そのシステムを構築することです。
そして、次のステップは投資です。つまり、お金に仕事をさせるステップです。具体的には、不動産と株式があります。不動産は、持ち家は不可、あくまでお金を生む(例えば、家賃収入)で、かつ家賃収入が維持コストを上回っていることが条件です。
キヨサト氏いわくは、いわゆる労働所得が不労所得を上回ったときが、真のお金持ちへの入り口に立ったときで、不労所得だけで生活が回り出したら、真のお金持ちの仲間入りということです。

実際、書店に行ってみると、ロバート・キヨサト氏の著書がかなり多くラインナップされています。もし、あなたがロバート・キヨサト氏に興味を持たれたとしたら、私はまず以下にあげる二冊を順番に読むことをお勧めします。

まず一冊目は、『金持ち父さん貧乏父さん』です。この本は、ロバート・キヨサト氏が幼い頃からの実体験や考え方、基礎的な知識を小説風に書かれており、読み物として楽しみながら読破できます。
二冊目は、『金持ちと父さんのキャッシュフロー・クワドランド』です。本としては、『金持ち父さん貧乏父さん』の続編ですが、内容的にかなりレベルアップしています。しかし、『金持ち父さん貧乏父さん』を読んでおけば理解できます。逆に、『金持ち父さん貧乏父さん』を読んでいないと、経済学初心者の方には難しいかもしれません。

他にもかなり多くの著書がありますが、私個人としては、その都度必要に応じて読んでいけばいいかと思います。
それよりも私がお勧めしたいのは、ロバート・キヨサト氏が考案した『キャッシュフローゲーム』という「人生ゲーム」のようなアイテムです。キヨサト氏が著書の中で必要なものとしている「経験」や「知識」は、実際、なかなか体験したり習得したりしづらい部分もあります。しかし、このゲームをやっているうちに、その「経験」や「知識」が身につくというものです。
そのゲームにはさらに上級者向けのものと、逆に子供向け(12歳以上対象)のものがあります。私の個人的な考えとしては、まず、子供用をマスターして、次に通常版の『キャッシュフローゲーム』をマスターできたら、さらに上級者向けに進むという感じがいいかと思います。

世の中に絶対はないので、さすがにすべての人がキヨサト氏が言っているそのままに真のお金持ちになれるとまでは思いませんが、興味を持たれた方は試してみる価値はあると思います。

アメリカの保護主義がもたらす今後の変化について

今年度の最も大きなトピックは何といってもアメリカの大統領がトランプにかわったことです。もちろん、世界最大の経済大国の国家元首が変わるわけですから世界経済も大きな変革がもたらされることは間違いありません。

特にトランプ大統領はアメリカ第一主義ということで保護主義を唱えています。ここまで数年間かけて調整してきたTPPについても過去の交渉も顧みず、あっさり加盟しないことを決断してしまいました。さらにNATOも否定的。

それだけではなく、大統領がツイッターで一般企業の動きにまで口を出す始末。特にアメリカに雇用を生まない、アメリカに対して輸出が多い企業に対しては非常に否定的な発信を行いつづけています。

他国では、アメリカに対しての気遣いもあり、様々な対応を行っていますが、国内の企業によってはこの極端なアメリカの保護主義に対して異議を唱えることも増えつつあります。

一時的にはこうした対応でアメリカの内需も盛り上がるかもしれません。しかし、これまでのアメリカの歴史、そして経済構造を勘案した場合、このまま経済も保護主義を続けた場合、間違いなく雇用もなくなり、アメリカの輸出までも滞ることになり、最終的には国力が衰えていくことは間違いありません。そこに加えて、国内への人民流入も制限することになり、あらゆるノウハウの隆々、蓄積までもストップをかけていることにいまだに気づいていない状態です。

最初はこうした施策もいいかも知れませんが継続するにあたっては間違いなく失敗が待ち受けているのではないかと素人ながらに感じてしまいます。

グローバル化が進み、ボーダーレス化が進む世界においてアメリカのいや、トランプ大統領の考え方は間違っているといえます。どこで修正をかけることが出来るのか、そしてだれがストップをかけることが出来るのか非常に重要なところです。

日本も寄り添うだけではなく、経済政策についてもしっかり助言していくべきです。

ひと口に投資といっても、いろいろな種類のものがあります。

投資には、いろいろな種類のものが考えられます。投資とは、安く購入して高く売却することが基本となります。しかし、売却するまでの期間によって、長期投資と短期投資とに分けることができます。

長期投資とは、比較的、割安だと思われるときに、株などを購入し、何か月、あるいは何年かかけて、株価が上昇するのを待ち、購入時よりも高い価格で売却し、収益を得ることになります。この場合、株価を観察し、購入のタイミングを見極めることが必要になります。また、成長を見込むことができる銘柄を見極める力も必要になります。そして、売却のタイミングについても、きちんと判断できることが重要なポイントとなります。

このような方法とは対照的に、短期売買に徹する人もいます。いわゆるデイトレードというものです。この場合には、一日の間に売買を繰り返して、利益を出すことになります。株価というものは、常に変動しています。そして、その変動を利用すれば、一日の間に利益を出すことも可能となるのです。

デイトレードの場合、どのくらい株価が上昇したら売却するとかいった基準を持っているといいでしょう。そして、その場合には、企業の成長の可能性というよりも、株価の変動率の高さで銘柄を選ぶといいでしょう。

さて、投資というものは、株式投資だけではありません。たとえば、為替取引などをおこなっている人もいます。外貨預金というものは、一般的に日本円の預金よりも金利が高いといわれています。為替相場の変動に注意することができれば、外貨預金で利益を出すことも可能でしょう。

また、為替取引では、FX取引などをおこなっている人もいます。FX取引の場合には、普通の外貨預金とは違って、レバレッジの働きを利用しています。この場合、レバレッジという言葉の意味をきちんと理解しておくことが大切です。FX取引というと、少ない資金から始められるというイメージが強いですが、レバレッジのリスクについても、理解が必要なのです。