ひと口に投資といっても、いろいろな種類のものがあります。

投資には、いろいろな種類のものが考えられます。投資とは、安く購入して高く売却することが基本となります。しかし、売却するまでの期間によって、長期投資と短期投資とに分けることができます。

長期投資とは、比較的、割安だと思われるときに、株などを購入し、何か月、あるいは何年かかけて、株価が上昇するのを待ち、購入時よりも高い価格で売却し、収益を得ることになります。この場合、株価を観察し、購入のタイミングを見極めることが必要になります。また、成長を見込むことができる銘柄を見極める力も必要になります。そして、売却のタイミングについても、きちんと判断できることが重要なポイントとなります。

このような方法とは対照的に、短期売買に徹する人もいます。いわゆるデイトレードというものです。この場合には、一日の間に売買を繰り返して、利益を出すことになります。株価というものは、常に変動しています。そして、その変動を利用すれば、一日の間に利益を出すことも可能となるのです。

デイトレードの場合、どのくらい株価が上昇したら売却するとかいった基準を持っているといいでしょう。そして、その場合には、企業の成長の可能性というよりも、株価の変動率の高さで銘柄を選ぶといいでしょう。

さて、投資というものは、株式投資だけではありません。たとえば、為替取引などをおこなっている人もいます。外貨預金というものは、一般的に日本円の預金よりも金利が高いといわれています。為替相場の変動に注意することができれば、外貨預金で利益を出すことも可能でしょう。

また、為替取引では、FX取引などをおこなっている人もいます。FX取引の場合には、普通の外貨預金とは違って、レバレッジの働きを利用しています。この場合、レバレッジという言葉の意味をきちんと理解しておくことが大切です。FX取引というと、少ない資金から始められるというイメージが強いですが、レバレッジのリスクについても、理解が必要なのです。