真のお金持ちになるためにはどうすればよいか

みなさんはハワイ在住の日系アメリカ人のロバート・キヨサキ氏をご存知でしょうか。私は、友人の紹介で知りました。

彼は、本当のお金持ちとは何か、つまりは、不労所得の重要性を強く主張しています。具体的には、まず起業すること、つまり人に働かせて所得を得ることです。本人の仕事は、そのシステムを構築することです。
そして、次のステップは投資です。つまり、お金に仕事をさせるステップです。具体的には、不動産と株式があります。不動産は、持ち家は不可、あくまでお金を生む(例えば、家賃収入)で、かつ家賃収入が維持コストを上回っていることが条件です。
キヨサト氏いわくは、いわゆる労働所得が不労所得を上回ったときが、真のお金持ちへの入り口に立ったときで、不労所得だけで生活が回り出したら、真のお金持ちの仲間入りということです。

実際、書店に行ってみると、ロバート・キヨサト氏の著書がかなり多くラインナップされています。もし、あなたがロバート・キヨサト氏に興味を持たれたとしたら、私はまず以下にあげる二冊を順番に読むことをお勧めします。

まず一冊目は、『金持ち父さん貧乏父さん』です。この本は、ロバート・キヨサト氏が幼い頃からの実体験や考え方、基礎的な知識を小説風に書かれており、読み物として楽しみながら読破できます。
二冊目は、『金持ちと父さんのキャッシュフロー・クワドランド』です。本としては、『金持ち父さん貧乏父さん』の続編ですが、内容的にかなりレベルアップしています。しかし、『金持ち父さん貧乏父さん』を読んでおけば理解できます。逆に、『金持ち父さん貧乏父さん』を読んでいないと、経済学初心者の方には難しいかもしれません。

他にもかなり多くの著書がありますが、私個人としては、その都度必要に応じて読んでいけばいいかと思います。
それよりも私がお勧めしたいのは、ロバート・キヨサト氏が考案した『キャッシュフローゲーム』という「人生ゲーム」のようなアイテムです。キヨサト氏が著書の中で必要なものとしている「経験」や「知識」は、実際、なかなか体験したり習得したりしづらい部分もあります。しかし、このゲームをやっているうちに、その「経験」や「知識」が身につくというものです。
そのゲームにはさらに上級者向けのものと、逆に子供向け(12歳以上対象)のものがあります。私の個人的な考えとしては、まず、子供用をマスターして、次に通常版の『キャッシュフローゲーム』をマスターできたら、さらに上級者向けに進むという感じがいいかと思います。

世の中に絶対はないので、さすがにすべての人がキヨサト氏が言っているそのままに真のお金持ちになれるとまでは思いませんが、興味を持たれた方は試してみる価値はあると思います。